• あなたの知らない北海道の素顔を探す旅にでかけよう!

    感動の瞬間100選

    【北海道】津別町

    壮大な雲海を一望! 津別峠展望台

    そうだいなうんかいをいちぼう! つべつとうげてんぼうだい

    •  壮大な雲海を一望! 津別峠展望台
    •  壮大な雲海を一望! 津別峠展望台
    •  壮大な雲海を一望! 津別峠展望台
    津別町と弟子屈町との境にある標高947mの峠。日中天気がよいと眼下に屈斜路湖が広がり、硫黄山や摩周岳、そして知床連山の稜線が見られる。一番のおすすめは雲海。6〜10月、気象条件が合えば、屈斜路湖を覆うように壮大な雲海がお目見えし、日の出の時間には、真っ白な雲の中から赤く染まる朝日がゆっくりと顔を出す。真っ青な空とのコントラストは自然の壮大さと美しさを感じさせてくれる。

    国立公園オフィシャルパートナー

    地元からのアドバイス~感動の瞬間を体験していただくために~

    壮大な雲海を一望! 津別峠展望台 について

    津別峠からの雲海は、日の出の時間に見るのがお勧めです。薄暗い状態から雲海にうっすらと朝日が差し込み、真っ青な空と真っ白な雲海、そして赤く染まる朝日の素敵なコントラストは、壮大な自然を体感することができます。
    日の出の雲海を見るには、日の出の時間の30分くらい前には津別峠に到着していることをお勧めします(例えば、日の出の時間が午前4時10分なら、午前3時40分には津別峠に到着)。日の出の時間はCASIOの日の出日の入り計算ページなどで調べることができますが、津別峠ピンポイントでは調べられないので、網走の時間とほぼ同じと思っていただければいいと思います。
    また、雲海が出ているかどうかは当日その場に行って見なければわからないのですが、日の出後の様子は津別峠ライブカメラで確認することができるので参考にして下さい。津別峠の雲海は日の出の時間に見るのがお勧めと言いましたが、朝日が昇った後でも雲海は見られます(夏は午前3時台に日の出となりあまりにも朝早いので・・・・・)ので、日の出のあとにライブカメラで確認してから峠に上っても十分に雲海を楽しむことができます。
    夏とはいえ、早朝で標高も高いので油断は禁物です。防寒具は必ず準備して下さい。

    掲載日
    2013年11月29日
    • ※地元からのアドバイスは主観的な内容も含まれていますので、あくまで参考としてご活用下さい。
    • ※アドバイスの内容は掲載日時点での情報ですので、その後に情報が変わっている場合がございますが、その際はご容赦下さい。
    • ※アドバイスの内容が間違っている、変わっている等のご指摘がございましたら、お手数ですが北海道感動の瞬間100選実行委員会事務局までご連絡いただければ幸いです。

    ポイントをチェック!

    ※本サイトに掲載した感動の瞬間は、天候や自然の条件によりご覧いただけない場合がございます。また、ベストシーズンや遭遇できる確率等の掲載データは参考データであり、見られる時期、確率を保証するものではありません。

    おでかけデータ

    問合先 津別町観光協会/0152-76-2151
    住所 北海道網走郡津別町字上里
    交通(電車) JR美幌駅から車で国道240号、道道588号経由で39Km/1時間
    交通(車) 女満別空港から国道39・240号、道道588号経由で53km/1時間10分
    駐車場 あり/22台/無料

    現地ガイドなど

    現地ガイド なし
    ※掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前にご確認ください。